温度で色の変わるプリザーブドフラワーがある?

最近では多くのプリザーブドフラワー専門店などが出てきていますが、皆さんはどのようなお花を探していますか?
やっぱりキレイで可愛いお花を探しているのではないでしょうか。
でも、実は温度によって色が変わるプリザーブドフラワーがあるようなんです。
温度で色が変わるとは一体どういうことなのでしょう・・・日光に当ててしまえば劣化が進みダメになってしまいます。


プリザーブドフラワーは暗闇で光る

日光に弱いプリザーブドフラワーですが、室内に飾っていると電球の光などを浴びますよね。
その光を吸収しているので、暗闇にすると光るのだそうです!
全てのプリザーブドフラワーがそういうわけではなくて、ボン・サーンスYahoo店というお店で扱っているものだけがそうなのだそうです。
ちなみに、これはこのお店の特許みたいなのでこのお店でしか購入することが出来ないようになっています。


ガラスドームのものがオススメ

プリザーブドフラワーは、そのまま飾ってしまうとホコリがついてしまったりしますので、出来るだけガラスドームとか透明なケースに入っている物を選んだ方がいいですよ。
自分でケースを買ってきて入れてあげるのでも良いでしょう。
いつまでも綺麗に保つことが出来ますから、長く楽しむことが出来ていいですよ。

This entry was posted in プリザーブドフラワー. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.

Comments are closed.