プリザーブドフラワーが魔法の花と言われる理由とは?

生花も十分美しいのですが、それでも注目されているのは特殊な液体に浸して作られたプリザーブドフラワー。
実は、以前から「魔法の花」と言われており、現在でもなおそう呼ばれることが多いです。プリザーブドフラワーは生花とは違ってお水を与える必要がありませんし、日光に当てる必要もありません。花粉などのアレルギーもありませんし、どなたでも楽しめるようになっているのが特徴です。子供からご年配の方まで様々な方への贈り物として選ばれているお花です。しかし、なぜ「魔法の花」なんて呼ばれているのでしょうか?「魔法の花」と呼ばれている理由は、特殊なお花も中にはあって、枯れにくいという点がそのように呼ばせているのでしょう。こちらのお花は枯れにくく生花にはない変わった色のお花もありますので、そう言ったことも理由の一つになっているのだと思います。


【特殊なプリザーブドフラワーもあります】

店頭で販売されている商品は入れ物などに入れられて、綺麗にアレンジされています。
最近では、少し特殊なプリザーブドフラワーが販売されており、それは暗闇で光るものや、室温によって色が変わるというものです。両方とも店頭ではなくて通販サイトにて販売しているものですから、ぜひ検索してみて下さい。どちらも楽天市場やAmazonから注文できるようになっていますから、ただ覗いてみるだけでも良いのでチェックしてみて。お値段は生花と変わらないくらいになっていますので、そんなに負担もないのではないでしょうか?色が変わるというのは花びらの色が変わるという事で、全ての部分が変わるという事ではありません。小さなマスコットと一緒に入れられているものもありますから、女性へプリザーブドフラワーを贈るのであれば、そう言ったものの方が喜ばれるはずです!


【枯れにくいという部分に注目】

「魔法の花」と呼ばれている理由の一つに枯れにくいという点が挙げられています。
生花はどんなに手入れをしても美しい状態に保てる時間は決まっています。しかし、プリザーブドフラワーは美しいまま保つことが出来るので、「魔法の花」と呼ばれているのではないでしょうか。美しいまま保つことが出来る、それはまるであのディズニー映画に出てくるバラの花を連想させることが多いのかもしれません。その影響が強くてプリザーブドフラワーは「魔法の花」と呼ばれている部分もあるのでしょう。ずっと綺麗なお花を見ることが出来るというのは、お花好きにはたまらない事ですよね。プリザーブドフラワーをガラスケースの中に入れてプレゼントしてあげれば、さらにロマンチックになりますよね。

This entry was posted in プリザーブドフラワー. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.

Comments are closed.