プリザーブドフラワーで季節を楽しもう

お花屋さんへ行くと、その時期に合わせてお花をそろえてくれていますよね。
春だったら桃の花やサクラ、夏だったらひまわりとか色々な種類のお花を置いてくれているのでその季節に合ったお花を購入することが出来ます。
では、プリザーブドフラワーはどうなっているのでしょうか・・・枯れにくいお花ですから、出来ればこちらの方で購入したい!という人もいるのでは?
実は、プリザーブドフラワーも種類が豊富なので季節に合わせて購入することが出来ます。


プリザーブドフラワーで室内を変えよう

その季節に合わせてプリザーブドフラワーを購入して、室内の雰囲気を変えてみませんか?
今までは何も飾っていなかったとか、なかなか好きなお花を見つけることが出来ない・・・なんて言う人は、プリザーブドフラワーの通販サイトで探して注文してみるのが良いですよ。
春に合わせてとか夏に合わせてとか、選んで室内を季節に合わせて変えていくのも楽しいです。
ちなみに、ひまわりのプリザーブドフラワーもありますから、夏には最適!
他にも検索などをすると画像が出てきますから、皆さんも調べてみて。


日本人だからこそ季節感を

やっぱり日本人だからこそ、季節感を味わいたいですよね。
月日の流れはあっという間ですから、楽しめる時に楽しまないと損をしてしまいますよ?
あえて、季節外れのプリザーブドフラワーを飾るのもアリかもしれません。
夏なのに冬っぽいお花とか、冬なのに夏っぽいお花とか、そういった逆の発想も面白いのではないでしょうか。
一番良いのは、自分の好きなお花とか気に入ったお花を飾ることかもしれないですが、たまには季節感を実感できるようなプリザーブドフラワーを。

Posted in プリザーブドフラワー | Leave a comment

プリザーブドフラワーが魔法の花と言われる理由とは?

生花も十分美しいのですが、それでも注目されているのは特殊な液体に浸して作られたプリザーブドフラワー。
実は、以前から「魔法の花」と言われており、現在でもなおそう呼ばれることが多いです。プリザーブドフラワーは生花とは違ってお水を与える必要がありませんし、日光に当てる必要もありません。花粉などのアレルギーもありませんし、どなたでも楽しめるようになっているのが特徴です。子供からご年配の方まで様々な方への贈り物として選ばれているお花です。しかし、なぜ「魔法の花」なんて呼ばれているのでしょうか?「魔法の花」と呼ばれている理由は、特殊なお花も中にはあって、枯れにくいという点がそのように呼ばせているのでしょう。こちらのお花は枯れにくく生花にはない変わった色のお花もありますので、そう言ったことも理由の一つになっているのだと思います。


【特殊なプリザーブドフラワーもあります】

店頭で販売されている商品は入れ物などに入れられて、綺麗にアレンジされています。
最近では、少し特殊なプリザーブドフラワーが販売されており、それは暗闇で光るものや、室温によって色が変わるというものです。両方とも店頭ではなくて通販サイトにて販売しているものですから、ぜひ検索してみて下さい。どちらも楽天市場やAmazonから注文できるようになっていますから、ただ覗いてみるだけでも良いのでチェックしてみて。お値段は生花と変わらないくらいになっていますので、そんなに負担もないのではないでしょうか?色が変わるというのは花びらの色が変わるという事で、全ての部分が変わるという事ではありません。小さなマスコットと一緒に入れられているものもありますから、女性へプリザーブドフラワーを贈るのであれば、そう言ったものの方が喜ばれるはずです!


【枯れにくいという部分に注目】

「魔法の花」と呼ばれている理由の一つに枯れにくいという点が挙げられています。
生花はどんなに手入れをしても美しい状態に保てる時間は決まっています。しかし、プリザーブドフラワーは美しいまま保つことが出来るので、「魔法の花」と呼ばれているのではないでしょうか。美しいまま保つことが出来る、それはまるであのディズニー映画に出てくるバラの花を連想させることが多いのかもしれません。その影響が強くてプリザーブドフラワーは「魔法の花」と呼ばれている部分もあるのでしょう。ずっと綺麗なお花を見ることが出来るというのは、お花好きにはたまらない事ですよね。プリザーブドフラワーをガラスケースの中に入れてプレゼントしてあげれば、さらにロマンチックになりますよね。

Posted in プリザーブドフラワー | Leave a comment

プリザーブドフラワーの完璧な保存方法

プリザーブドフラワーは、保存状態が良ければ5年ももちます。
四季のある日本は寒暖の差が季節ごとに違うため、適当に扱ってしまえばすぐに花びらに何かしらのトラブルが起きてしまいます。
そのため、長くても1,2年と言われていますが、正しいルールを守ればその2倍も3倍も楽しめるようになります。


【プリザーブドフラワーを半永久的に保つには】

プリザーブドフラワーは、とにかく安定した場所に置きましょう。
この場合の安定とは、温度や湿度などの条件が一定に保たれていることです。
水分や直射日光を避けることは言わずもがな、エアコンや照明も劣化の要因になります。
寝室の端や廊下などのあまり変化のない場所に置くことで、劣化を防げます。
埃が積もらないように、プラケースなどにいれて鑑賞すると良いです。


【もしこんなことが起きたら】

ちゃんと保存しているつもりでも、トラブルがおきることもあります。
具体的には、色落ち・ひび割れ・埃です。
プリザーブドフラワーに用いられている染料は、衣服などに一度着いてしまうと落とすのは難しいので気をつけてください。
ひび割れも直すことはできません。
割れてしまった花びらを取り除いてしまうか、部分的にハサミで切ることで対処しましょう。

Posted in プリザーブドフラワー | Leave a comment

プリザーブドフラワーを母の日ギフトとして

母の日ギフトに贈る品の種類の幅も広がりました。
お母さんの好みに合わせたものも多いですが、やはり定番はカーネーションでしょうか。
最近では母の日に贈るギフトでプリザーブドフラワーを贈るというのも広がりつつあります。
カーネーションを加工したお花もありますし、他のきれいなアレンジを施されたお花を贈るのも喜ばれるかもしれませんよね。
他にもギフトに適している理由があるみたいですよ。


【プリザーブドフラワーなら長い期間瑞々しい姿を楽しんでもらえる】

プリザーブドフラワーの一番の特性は長い期間枯れたりせずに姿を保っていられるという点です。
これなら一生に一度の盛り上げをした催しをした時なども、そのおもいでを長く覚えていてもらえますよね。
お部屋で飾って、上手に保管してもらえれば何年もその姿のままでいてくれますよ。


【花粉やアレルギーの心配もない】

プリザーブドフラワーには花粉がありません。ですから、お花に敏感な方、アレルギーや花粉症などの方は安心ですよね。
お母様にも安心して、好みに答えたお花を贈ることができるのです。
手入れも、面倒な水やりや水替えの必要はありません。ただ、高温多湿の場所は避けて、花びらにほこりがついたときなどは払ってあげてください。

Posted in プリザーブドフラワー | Leave a comment

プリザーブドフラワーを通販で選ぶコツ

様々な種類があるプリザーブドフラワーですが、通販ならどの様に選べばよいのでしょうか?


<ネットで選ぶ>

やはり通販といえば、今時ネット上での購入が多いため、種類も豊富です。その為、プリザーブドフラワーだけではかなり検索にヒットしてしまい大変です。ネットで検索するのであれば、やはり他にもキーワードを入れる方が、より自分のほしい商品に近い物がでてきやすく、スムーズに選ぶことができます。例えば、母の日にプレゼントしたいのであれば、“プリザーブドフラワー 通販 母の日”といったように検索した方が、よりピンポイントで選びやすいです。


<購入先の選び方>

通販をしているところはネットだととても多く、迷います。そんな時、同じような条件の商品であれば、なるべく近くがおすすめです。だいたい同じようなもので値段も同じくらいなのであれば、より近い所から送ってくれる方が安心です。いくら綺麗な商品に仕上がったとしても、あまりに離れたところからだと時間指定が難しい場合や、時期によっては天候も関わってほしい日に届かないこともあります。ほかにも、衝撃にあまり強くないため、もし倒れたりすると形が崩れる恐れもあります。そういった点も踏まえれば、より安心して購入できます。

Posted in プリザーブドフラワー | Leave a comment

薔薇の花言葉に注目したプリザーブドフラワー選び

プリザーブドフラワーアレンジメントの中で最もカラーバリエーションが豊富、かつ利用者から人気の高いお花に、薔薇の花があります。重なった花弁は組み立てるときに職人さんが少しずつ調整を行うので、お花ごとに少しずつ表情を変えることも可能だそうです。


プリザーブドフラワーで幻の薔薇も

薔薇の色というと真っ赤な情熱の色が浮かぶかもしれません。しかし、昔から珍重され、なかなか咲かせることができないという理由から、奇跡という花言葉を持っている薔薇の花があるんです。これが、青い薔薇です。もともと薔薇には青い色素がなかったことから、品種改良を生花で繰り返して生まれたもので、今でも生花では真っ青に咲かせるのは難しいという声もあります。プリザーブドフラワーは加工の関係上、後から染色しているのでこのような問題も飛び越えたアレンジメントが可能です。


薔薇の花言葉は色や形でたくさんある

元々愛情などを伝えるバラには、咲き具合や色だけでも相当多くの花言葉があります。先ほどの青い薔薇には奇跡の他、夢がかなうなどの言葉もありますし、薔薇を贈る本数にも、意味があるという説があります。11本はパートナーに贈るもの、家族や夫婦などの間で使う本数です。同じ名前のお花ですが、意味は変わってくるので、プレゼントでは花言葉にも注目してくださいね。

Posted in プリザーブドフラワー | Leave a comment

プリザーブドフラワーの花の種類は?

プリザーブドフラワーを贈る人が増えている中で、一体どのようなお花の種類があるのか気になったことのある人もいるのではないでしょうか?
一番有名なのはバラだと思いますが、バラ以外にも種類があるんですよ。
カーネーションやアジサイ、ラン、ひまわりなどが代表的なものだと言われています。
母の日に贈ることも出来ますし、父の日にも贈れますし他の出来事をお祝いする時にも最適なので、多くの人にもっともっと知っていただきたいです。


プリザーブドフラワーの珍しい色について

プリザーブドフラワーには、珍しい色をしたお花もあると聞きますがどんな色があるのか気になりますよね。
青いバラとか、茶色っぽいようなオレンジ色のお花などもあってバリエーションが豊富です。
独特の光沢などもあってすごくきれいなプリザーブドフラワーが多いです。
お花が好きな人にも良いですが、やっぱり一番は贈り物やお見舞いの時などだと思いますよ。
目的に合わせて選べるようになっているから、迷っていてもぴったりの商品を見つけることが出来ると思うので、たくさん通販サイトを覗いてみて。


今も開発が進められている?

プリザーブドフラワーは、今の状態で完成ではないようです。
今でもまだ研究がつづけられていて、開発の途中なんだそうです。
それでも、これだけ美しくて珍しい色のお花もあって長持ちするのは、すごい事ですよね。
これで未完なんてとても信じられません。
完成した時には、一体どんなプリザーブドフラワーになっているのかすごく気になりますね!

Posted in プリザーブドフラワー | Leave a comment

プリザーブドフラワークロックを飾ろう

贈り物として有名になってきているプリザーブドフラワー。
でも、他にも変わった形のものがあるのだという事を、皆さんは知っていましたか?
最近では花時計と呼ばれているものが出てきているみたいなのですが、一体どのようなものなのか気になりませんか?
それは、真ん中に文字盤などがあってその部分を囲むようにお花が敷き詰められている物なんです。
そのお花の種類は選ぶことは出来ませんが、いくつかパターンがありますのでその中から選ぶことは出来るみたいです。


プリザーブドフラワーを飾って雰囲気を変えてみよう

プリザーブドフラワーの時計を飾って、お部屋の雰囲気を変えてみませんか?
いつもの風景では飽きがきてしまいますし、模様替えをする時に飾ってみるのもいいと思います。
テーブルや棚に置くことも出来るし、フックを付ければ壁にかけることも出来るからすごく便利です。
どんな時計がいいのか迷ってしまった時は、そのお店のランキングを参考にしてみて。
きっと自分が気に入るものを探し出せると思うので、色々探してみて下さいね。


形に注目してみよう

プリザーブドフラワーの時計には、色々な大きさや形があるので、よく見比べを。
大きくて丸いものや四角いもの、写真立てのように置けるコンパクトなものもありますから、自分の家に無理なく置けるものを選んだ方がいいですね。
敷き詰められているお花も違いますから、よく比較をして好きなものを選択してみて。

Posted in プリザーブドフラワー | Leave a comment

プリザーブドフラワーの花材と入れ物に注目

プリザーブドフラワーをお花屋さんや通販サイトで購入して贈っている人も多いですが、自分で作ることが出来るっていうのを知っていますか?
最初から作るのは大変ですから、花材を購入して好きな入れ物に飾ってみるのはどうでしょう。
最近では、花材を扱っているお店も増えてきているので自分の好きなものを購入することが出来ますよ。
花材を購入する時は、その大きさとか形が少し違ってくるのでよく考えてから購入するように。


プリザーブドフラワーの入れ物について

自分でプリザーブドフラワーをアレンジして飾るときは、その飾る入れ物が必要になってきます。
陶器で出来ている物を選ぶのかバスケットを選ぶのか、それともキャンドルやリース型にするのか。
自分の目的に合わせて購入できますから、色々考えてからの方がいいでしょう。
自分がどんなものを作りたいのか、または友達などにどんなものを作ってあげたいのか。
目的をはっきり決めてから行動に移すのが◎。


初心者でも簡単にできます

花材を購入してアレンジをしていくだけなので、プリザーブドフラワーが初めてだという人や少々不器用だという人も安心して、自分だけの作品を作れます。
すでにできている花材ですから、あとは自分の好きなようにアレンジをして作っていくだけ。
何も難しい事は無いので、比較的どなたでも作ることが出来ておすすめ。

Posted in プリザーブドフラワー | Leave a comment

温度で色の変わるプリザーブドフラワーがある?

最近では多くのプリザーブドフラワー専門店などが出てきていますが、皆さんはどのようなお花を探していますか?
やっぱりキレイで可愛いお花を探しているのではないでしょうか。
でも、実は温度によって色が変わるプリザーブドフラワーがあるようなんです。
温度で色が変わるとは一体どういうことなのでしょう・・・日光に当ててしまえば劣化が進みダメになってしまいます。


プリザーブドフラワーは暗闇で光る

日光に弱いプリザーブドフラワーですが、室内に飾っていると電球の光などを浴びますよね。
その光を吸収しているので、暗闇にすると光るのだそうです!
全てのプリザーブドフラワーがそういうわけではなくて、ボン・サーンスYahoo店というお店で扱っているものだけがそうなのだそうです。
ちなみに、これはこのお店の特許みたいなのでこのお店でしか購入することが出来ないようになっています。


ガラスドームのものがオススメ

プリザーブドフラワーは、そのまま飾ってしまうとホコリがついてしまったりしますので、出来るだけガラスドームとか透明なケースに入っている物を選んだ方がいいですよ。
自分でケースを買ってきて入れてあげるのでも良いでしょう。
いつまでも綺麗に保つことが出来ますから、長く楽しむことが出来ていいですよ。

Posted in プリザーブドフラワー | Leave a comment